HOME > 課題研究 > 転倒予防のための運動プログラム

転倒予防のための運動プログラム

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ウォーミングアップ: 腕を大きく振りながら足踏みを行う(2-3分)

(『腕を振り、足踏みをします』)

1.上肢・指の運動、知的活動に対する運動

1) 両上肢を前方に伸展し、その状態で手のひらを閉じて・開く(4回)
(『両手を前に出し、グー・パーをします。はい、グー・パー(×4)』)

2) 両上肢前方に進展した状態で、指折り(1回)
(『指を折ります。はい、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10』)

3) 両上肢を前方に進展・屈曲する(4回)
(『手をおろします。両腕を前に伸ばします。はい、曲げて伸ばす(×4)』)

4) 両上肢を上方に進展・屈曲する(4回)
(『両腕を上に曲げ伸ばしします。はい、曲げて伸ばす(×4)』)

5) 音楽に合わせて大腿部・腹部・両肩部・頭頂部を順に軽くタッチした後、
両上肢挙上する(2回)
(『はい、足、お腹、肩、頭、バンザイ』。『はい、足、お腹、肩、頭、バンザイ』)

2.股関節の運動、アキレス腱のストレッチング、上体側面のストレッチング

1) (膝関節屈曲状態で)右股関節を屈曲する(4回)
(『右の太ももをゆっくり上げて、下ろします。はい、上げて下ろす(×4)』)

2) (膝関節屈曲状態で)左股関節を屈曲する(4回)
(『反対の足です。はい、はい、上げて下ろす(×4)』)

3) 両足つま先を床に着けて、踵をできるだけ進展させる(4回)
(『つま先を着けて、踵を上げ下げします。はい、上げて下ろす(×4)』)

4) できる範囲で開脚してもらう(4回)
(『両足を開いたり、閉じたりします。はい、開いて閉じる(×4)』)

5) 左右にそれぞれ上体の側面を伸展させる(8回)
(『体を左右に揺らしましょう』)

3.膝・足関節の運動

1) 右足関節を伸展・屈曲する(4回)
(『右の足首をしっかりと曲げ伸ばしします。はい、曲げて伸ばす(×4)』)

2) 左足関節を伸展・屈曲する(4回)
(『反対の足です。はい、曲げて伸ばす(×4)』)

3) 右膝関節を伸展・屈曲する(4回)
(『右の足を蹴ります。はい、蹴って戻す(×4)』)

4) 左膝関節を伸展・屈曲する(4回)
(『反対の足です。はい、蹴って戻す(×4)』)

5) 足趾を屈曲・伸展する(4回)
(『足の指のグー・パーをします。はい、グー・パー(×4)』)

クールダウン: 両上肢をゆっくりと広げて深呼吸をする

(様子をみながら数回)
(『深呼吸をします。はい、吸って・吐いて...』)

<方法>

・運動はウォーミングアップとクールダウンをはさみ、3部構成となっている。

・集団で行う。

・すべての動作は座位で行う。

・音楽や号令を用い、楽しく分かりやすくする:大きな古時計(歌詞なし・テンポ設定80)。

・人工関節全置換術後など、可動域制限のある対象については個別に内容を検討し、
指導する。

〈研究組織〉

代表 加藤真由美

分担 泉キヨ子、平松知子(金沢大学大学院医学系研究科)、浅川康吉(群馬大学医学部)、 正源寺美穂(金沢大学大学院医学系研究科)

協力 安田知美、小松佳江、西島澄子、向井直美、谷川晶子、前田京子、中島あゆみ、坪上茂子、 奥野悦子、玉井合子、樋木和子(医療法人社団浅ノ川 金沢循環器病院)

〈当プログラムに関するお問い合わせ〉

加藤 真由美(新潟大学医学部保健学科 助教授)

e-mail  mykato@clg.niigata-u.ac.jp

basefooter
ページトップに戻る